TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第2話 私の教育観

私の教育観として、「教育の一つの役割は、一人の人間が生まれながらにして持つ人間としての未熟なる能力をともあれ肯定し、それぞれの持つこの神聖なる能力を教育の力で発展させることである。」、と思うのですが、果たして日本の学校教育、および塾・予備校などの民間教育はそうなっているのでしょうか?実際の教育現場は、一つの決定された(公定された、または教師による盲目的な判断といっても良い)科学的及び非科学的事実を、一方的画一的に、教育を受ける者の「存在及び意志」をほとんど無視する状態で(おまえたちのためと称して)、押しつけてはいないだろうか?こんな教育を受けた人間は、いったいどんな人間になるか?自分の頭で考えることができず、”自分は何者か?”という疑問が、“自己否定”に繋がったり、歪んだ差別意識(上と思う者にコンプレックス、下と思う者を見下す)を生み、ひいては“人の心”を失わないか?

それでは、Good bye!