TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第7話 日本教育の中の協調性とは何か

一方通行の教育では、確かに協調性が問題になると思う。考えてもみたまえ。教師が熱弁をふるっているときに、本を読んだり、パソコンで調べ物をしたり、またノートに作曲したりでは、「こっちを向け。」といいたくもなる。勿論、その熱弁が意味あるものであれば、そう言いたくなっても別に不思議ではないが、検定教科書の中身を暗記することが真の教育と思いこみ、機械的に、板書したり、解説したり、の現在日本で見る、“人間教育”とはほど遠い、わがままな振る舞いには、強調せよ、と言われても、人間であればしたくなくなるのも当たり前である。そんな教育の現場に、協調性を教育の一つの目標とするのは、実に愚かしいことであると思うが、現実には“協調性がない。”などと教師が未来のある若者の通信簿に書いているのである。このようにして、背後に国の教育方針をもって、国民一律にかつての軍人教育ににた教育を施し、結果的に、個性ある貴重な人間を人間ロボットに作り替えているのである。

それでは、Good bye!