TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第9話 日本人の美意識と自我の確立

電車が、時刻表どおりに寸ぷん違わず発着する様は、外國人にはさぞ驚きであろう。しかし、この現象が、乗客の命を軽視する、実にうかつな軽業師の美意識にたったものだとすればどうだろう。もし、この美意識に利益追求が加われば、JR福知山線脱線事故のように、多数の乗客の命が犠牲となる。つまり、この美意識である”定時運行”を認めているのは、他ならぬ我々日本人ではないのか。同じことは昨今の憲法改正論議でも言える。昭和二十一年の第二次世界大戦直後に、日本の安全保障を、憲法第九条第二項で「戦力の不保持」に求めていたものを、いつの間にか専守防衛とか国連平和維持軍とかいって、憲法第九条の精神を骨抜きにする。学校教育も、今や自我の確立した人間を育てるのではなく、すなわち教育基本法第一条による「自主的精神に充ちた~国民の育成」ではなく、あくまでも進学のための受験教育を目的とするものになっており、もはや人間教育をする場ではない。このように、大前提であるべき精神が副次的理由によっていともたやすく覆してしまう国民に、自我の確立はないし、また未来もない。

それでは、Good bye!