TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第17話 普遍の真理を求める者は、死をおそれることはない

「普遍の真理」(神と呼んでも良い)という、万物の原点に向かうことは、裏を返せば、その原点から生み出されるところの、我々を取り巻く「万物」、すなわち、未知の、無限の「物質的、精神的空間と諸現象」を解明することにつながる。つまり、人それぞれが精神活動の中で、積極的かつ真摯に、生や未来を「求める」ことこそ、真の意味で「精神的に解放される」のである。要するに、原点に向かうことは、出口の見えない閉塞感に苦しみ、逃げ場を求めるのではなく、生きることへの一定の満足感と未来への目標が示される、と言うことである。更に言うと、普遍の真理に向かうことは、無限の宇宙へ至る、と言うことである、ところが、日本の宗教(ここでは仏教をいう)は、同じような心の閉塞感を解消する働きをもっているが、巧妙な「仕掛け」によって、人の悩み、苦しみ、恐怖心を解消するための「逃げる場」を与えている、と言って良い。

それでは、Good bye!