TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第23話 有限と無限

思考の空間を「有限なもの」と捉えることは、常識に反している。科学の世界で、ガリレオ、アインシュタインにせよ、宗教の世界で、マホメット、ゴータマ=シッダールタにせよ、無限の宇宙を説いている。そもそも、我々生命体は宇宙の塵から生まれたものである、というのであれば、我々の思考を「ある特定の価値観」で意図的に制約するのは、この自然の摂理に反していることになる。言うまでもなく、思考は単に「空想」による働きではなく、「一定の法則」によって組み立てられるからである。「学問は有限なものである」、とは我々日本人にとって、至極当たり前のことである。なぜなら、「大学は入学するためにあるもので、学問するためにあるものではない」、といういびつな学歴偏重社会に、日本人の誰一人として抵抗する者はいないからである。もし、そうではないと思える人が仮にいるとすれば、その人は少なくとも二千年という我々の歴史を、いかに描いているだろうか。押忍!!

それでは、Good bye!