TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第35話 ほんのわずかな能力と蝋燭の炎のような小さな情熱を持つわれわれ人間の命

私は、大自然がわれわれ「人間」に与えてくれた賜は、ほんのわずかな能力と小さく燃える蝋燭の炎のような情熱ではないかと思う。われわれを取り巻く大自然が、その様子を少しでも変えるようなことがあれば、地球上に生きるわれわれ小さな生命は、われわれよりも遙かに小さい命であると思っている昆虫と全く同じ死という運命に至る。それほどか弱いわれわれ人間の大切な命を、なぜわれわれ日本人は、太古の時代から存在していた一定不変の考え方でもあるかのように、「競争社会を前提とした価値観」を、あっという間に壊れそうな一つ一つ異なった、しかもわずかな能力だけれども小さな情熱を持つ、しかし一つ一つ尊厳を持って育てたなら無限の能力と夜空を焦がすほどの情熱をもつ、今にあってはか弱い命に対して、なぜ無情にも一律に、そして暴力的に、「おまえたちのことを思って・・・」と善意を装ってというよりも、自らの無知にも気づかずに半強制的に押しつけているいるのだろうか。か弱き命は、何も知らずに泣いている。善意を装って、しかし自らの無知を知らない人たちが、今日のニュースによると、「ゆとり教育」を廃止することによって、学力があり、高い倫理観を持つ21世紀型の若者が生まれると考えているらしい。

それでは、Good bye!