TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第43話 翻訳家になるための条件(その一)

昨年のことではありますが、アメリカで7~8年暮らしたことのある一人の、一般的にいうと教養のありそうな女性から、次のような質問を受けました。もちろん、そのような質問を受けたことはこれまで一度もありませんでしたし、恐らく私の残された人生の中でもないように思われます。その質問を受けたとき私の答えた「返答」を、彼女が私に対してぶつけてきた「質問」と合わせて明らかにし、読者の皆さんにそのなんたるかを考えて頂きたいと思います。
質問:私は小説、特に推理小説やファンタジー ものが好きで、日本語で書かれた小説だけではなく、アメリカに来てからも英語で書かれた小説が読めるように努力もしてきたし、実際に英文で書かれたたいていの小説が読めるようになりました。しかし、どの英文の小説を読んでいるときにもいつも生じる事なのですが、必ず何カ所かに何度読み返しても理解できないところが出てくるのです。その箇所こそ往々にして小説の重要部分であり、著者の語りたいことが潜んでいるのです。いくら努力をしても理解が深まることが無く、小説の本当の醍醐味が味わえないのです。そのブラックホールのような箇所の読み方を教えてもらえませんか。
この質問に対する「返答」は、後日致します。お楽しみに。

それでは、Good bye!