TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第52話 現代版一握の砂

戦後の教育の中でよく道徳教育の重要性が叫ばれてきた。
他人に対しては思いやりを、老人や子供には親切に、祖父母・父母には慈愛の気持ちを、そして師に対しては敬いの気持ちを、そしてさらに、勤勉と節約を自らへの戒めとして求めてきたのである。
しかし、今の日本社会をみると人を人とも思わず、自らの欲望を満たすために、俺俺詐欺に留まらず青少年の犯罪が氾濫し、自殺者の数は今や9年連続3万人台である。
まるで教育の中で叫ばれてきたことと真反対の社会現象が起きているのである。儒教の教えは、人間を大切だとする面と虫けらだとする面と両面があるのでしょうか。
もっと不思議に思えるのは、政治の世界である。一方でやれ勤勉、節約を力説しておいて、他方では競争社会や格差社会を作り出す。われわれ庶民は、いくら勤勉に働いても、いくら家計を節約してもまともな生活ができないのである。
つまり、政治や教育が力説する「勤勉と節約」が、同じ政治や教育が作り出す「競争社会と格差社会」にどれだけ努力しても到底追いつかないのである。
従って、私には、日本人の考える教育と政治がまともには理解できないのである。

それでは、Good bye!