TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第83話 翻訳の役割とは何か(第一回)

翻訳、すなわちtranslationとはA言語の内容をB言語に変換させる作業のことです。
言語のもつ語彙数や語形・構造は、言うまでもなくその言語を生んだ民族による文化を反映したものです。つまり、言語と文化とは切断できない等式で表されるような相関関係にあるといえます。
したがって、言語の発達は文化の発展であり、反対に文化の発展は言語の発達ということになります。見方を変えれば、ある言語を見れば、その言語を使用している文化がおのずと見えてくるし、その現象を逆に利用すると、ある意味では怖いことではあるのですが自分の文化が見えてくる、つまりある言語が自分の文化を知るための「鏡」となる現象を生むということになります。。
翻訳はそのような重要な働きをもっているのです。
だとすれば、翻訳のあるべき、あらねばならない姿とは一体なんでしょうか。日本社会でみる翻訳とはなんでしょうか。翻訳であることの最低条件とはなんでしょうか。日本の文化や歴史は、異文化とどんな関係にあるのでしょうか。文化の特異性と普遍性とは何でしょうか。発展する文化と滅び行く文化とはなんでしょうか。などについて、今後考えてみたいと思います。

それでは、Good bye!