TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第88話 新カルチャーショック

ウィキペディア(Wikipedia)によると、「カルチャーショック(Culture shock)とは、異文化に見たり触れたりした際、習慣や考え方が母国文化の常識とはかけ離れているため、心理的にショックを受けたり戸惑うことである。例えば、言葉が全く通じないなど。海外や国内問わずに起こりえる。」と述べています。
この説明からも分かるように、この心理的なショック現象は母国文化(A文化)と、それに対する異文化(B文化)が存在していて、そのそれぞれの文化にはその文化を支え、構築し、そして発展変容させている多数の構成員による集合体があることを前提としていると思われます。従って、このショック現象は、A文化の構成員がB文化に接した時に、一人ではなくて少なからず複数の者がこの現象に襲われることが想定されるのです。
私の言う「新カルチャーショック(Culture shock)」は、上記した心理的ショック現象に似て非なるものです。つまり、ある一人あるいは極少数の人間が、生来同じ母国文化であるA文化圏で、他の構成員と同じ生活様式に従って暮らしていたとしても、個人の特性である感じ方や考え方、もう少し広義に捉えるとB文化の思考パターンに発展変容してしまい、母国文化の特異性や硬直性、さらには排他性によって、母国文化の中で暮らしていても、いわゆる一般的な「カルチャーショック(Culture shock)」に類似した心理的なショック現象が引き起こされるのではないか、というものです。
この現象は、高度に先端的な学問分野に携わる人間の間に起き易いだけではなく、IT社会に伴う世界の情報の同時共有性により、強い特性を持つ一般人にも広く見受けられるようになっているのではないかと思うのです。

それでは、Good bye!