TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第94話 受験英語の三種の神器は祈祷師の小道具みたいなもの

受験業界では、いや全国の教育機関である高校において、受験英語の三種の神器なるものを、時代によって対象物は若干異なるが、①「ターゲット」、②「即戦ゼミ」、それに③「長文読解問題精講」だと言っている。

面白いではないか!
「英単語や英熟語・構文を覚えたら、英文がすらすらと邦訳でき日本語もすらすらと英訳できる」というのである。まともな英作文の授業を一つとして持たない高校で、そして英語辞書の善し悪しも判断できず、しかもどこかの(K・O)電子辞書を生徒全員に購入させ、さらにまずいことにはまともに英文を読んだり書いたりできない教師によって「教えられている」(教育の一環として)のである。

まるで原始宗教(=高校教育)の祈祷師(=教師)と信者(=生徒)のような構図だ!
例えて言えば、病気を罹ったとき、西洋医学には見向きもせずに祈祷師(シャーマン)の下へ行き、そのとき使用される”衆を惑わす”ような治療道具が正にその三種の神器なるものである。

それでは、Good bye!