TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第98話 人はなぜそんなに働くのか?

「朝は5時過ぎから夜は12時過ぎまで、毎日始発電車と終電は物言わぬ人でいっぱい。人はなぜそんなに毎日々々黙々と働くのか?」
これがある大学4年生の私に対する質問である。
自分もやがてはその一人になるとすれば、何と虚しいことだろう。もっとも、そうすることには何か理由があるのだろうか?納得できる理由があればそれでもやもやの気持ちは晴れるけれども、どうみても納得できる理由など思いつかないと言うのだ。
近くのスーパーの店長に同じ質問をぶつけてみた。彼は、「その大半の人は家族持ちで、従って自分のためではなく家族のために自分を抑えて、自分を捨てて働いているのだ。もし家族がいなければ、蟻のように黙々と働くことはしない。」と言った。
恐らく、この店長の意見はこの大学生を納得させることはできないだろう。家族がいたらなぜ人は蟻のようになれるのか?という新たな問題が出てくるからだ。
皆さんはいかがお考えですか?
私は家族がいてもいなくても、日本人は「己を知らない蟻や蜂」なのではないか?と思っている。日本人はそれを自ら「働き蟻とか働き蜂」と呼び、異文化の人はそれを”Economic Animal”と呼んでいるようだ。

それでは、Good bye!