TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第107話 日本人の鎖国思考と携帯のガラパゴス現象

時事通信
海外勤務を望まない新入社員は2人に1人―。産業能率大学が28日発表したアンケート調査で、内向き志向を強める若者の実態が浮かび上がった。携帯電話のように日本国内で独自の進化を遂げて世界標準から掛け離れてしまう現象を「ガラパゴス化」と呼ぶが、産能大は「人材のガラパゴス化が始まるかも」と危惧(きぐ)している。
調査は6月、2010年度に新卒入社した18~26歳の男女を対象にインターネットで実施。400人から回答を得た。
それによると、海外で「働きたくない」と答えた新人は49%。07年調査での36%から大幅に増えた。理由(複数回答)としては「海外はリスクが高い」(56%)、「能力に自信がない」(55%)、「海外に魅力を感じない」(44%)との回答が多かった。
一方、「どんな国でも働きたい」と答えた新入社員は27%で、こちらも3年前の18%から増加。人材の二極化が進んでおり、産能大は「海外志向が強い人材の確保に向けた企業間の争奪戦が注目される」と指摘している。
(私見)文化的に引きこもるかそうでないかの基準は、日本の若者の個々的な「自律の程度」の問題ではないかと思っている。そして、若者の自律の確立に対する育成の促進や育成の阻害は、成長期にある彼らにとっては言うまでもなく彼ら自身の問題ではなくて、特に学校教育が中心となり、それに家庭と社会での教育がその要因となる。とすれば、今の日本の教育の前時代性から見て上に見た「49:27」の比率が如何に大きなそして急速な日本社会の変化の指標であるかに驚かされる。というのは、私は現段階では、「10:1」ぐらいの腹づもりで捉えていたからだが。この現象は遡れば幕末の社会現象に酷似しているのではないか?結局、時の社会のエリートである武士とその社会を支える精神的家父長制が崩壊して、市民、商人が台頭することになる。21世紀における現代の「社会のエリート」とは、「精神的家父長制」とは、そして「市民、商人」とは一体誰を、何を指しているのか?

それでは、Good bye!