TOP >> GOOD MORNING 学園長!

GOOD MORNING 学園長!

第108話 <中退>大学生の8人に1人 NPOが試算

毎日新聞
大学や専門学校など高等教育機関からの中退が深刻化している。NPO法人が調べたところ、大学生の8人に1人が中退していることが分かった。人間関係のつまずきなどから卒業資格を得られなくなり、社会に出て不安定雇用を余儀なくされる若者も後を絶たない。NPOは「中退を社会問題ととらえる時期にきている」と訴えている。【山崎友記子】
調査をしたのはニート・フリーターの若者を支援する「NEWVERY」(ニューベリー、東京都豊島区)。中退者101人にインタビューし、今年6月「中退白書2010」にまとめた。
「あのままだったら、ずっと家に引きこもって命も絶っていたかもしれない」。インタビューを受けた千葉県の会社員、佐藤輝一さん(24)は振り返る。
佐藤さんは高校卒業後、東京都内の私立大の工学部に進んだ。浪人していたので合格できることを最優先して志望校を決め、学校の内容を詳しく調べることもしなかった。
入学直後「雰囲気になじめない」と気付いた。自分は活発で外向的だが、おとなしいタイプの学生ばかり。サークルに入っても友達はできなかった。授業も難しくてついていけず、キャンパスからは足が遠のいた。
誰かに相談したり先を考えることもないまま、その年の7月に退学。「何をしたいのか自分でも分からなかった」。アルバイトもやめて部屋にこもり、誰とも口をきかない日が続くうちに、自殺を考えるようになった。
「誰かが本気になって止めてくれたら、やめずに済んだかもしれない」と佐藤さん。経験を基に「ただ『大学が合わないから』では、やめてから苦労する。卒業して悪いことは一つもない。まず誰かと話し、気持ちを整理しては」とアドバイスする。
労働政策研究・研修機構の06年の調査によると、中退直後、約6割の人が非正規雇用に、約15%が失業・無職状態にある。さらに最終学歴が「高等教育中退」の人の約5割が中退直後から継続して非正規雇用となっている。また、日本生産性本部の07年の調査では、全国に63万人(厚生労働省推計)いるニートのうち3割が高校、大学などの中退者とされた。
国は高等教育機関全体の退学者数を把握していない。そこでニューベリーの山本さんらが文部科学省や日本私立学校振興・共済事業団などの調査を基に試算した結果、毎年約11万人が退学、大学では入学からの4年間で8人に1人が中退している計算になった。
中退経験者101人へのアンケートでは、中退の3大理由は(1)学習意欲の喪失(2)人間関係(3)関心の移行=グラフ参照。一つの理由でやめる例は少なく「授業がつまらない」「友人がいない」などが複数重なった退学者が多い。経済的理由は1割程度で、奨学金制度などを知らずに退学している例もあった。
山本さんは「多くが誰にも相談せず、何とかなるだろうと安易に中退を決めている。大学中退者は高校の新卒者より就職が厳しい。本人も周囲もリスクを理解した上で、やめるかどうか判断して」と呼びかける。同時に学校側にも「授業や学校生活の充実と、相談機能の整備を進めるべきだ」と注文している。
(私見)
中退者の割合が本当に「8:1」であるならそれは最悪の数字であり、もちろん見過ごすことはできない。しかも中退理由ベスト3を見て納得した。というのは、「学習意欲の喪失、人間関係、関心の移行」という中退理由は、「何のために大学へ行くのか、入学することだけが目的か」という大学進学目的の「無い、曖昧、思い込み」の人に見られる現象だからである。記事を書いた新聞社も取材されたNPOも中退するときには「誰かに相談を」というが、相談を受けた人はどう返事をしろというのだろうか?私だったら返事のしようがないのである。要するに、相談は決して根本的な解決にはならないのである。そうではなく、大学進学は全て「善」であることを前提として、大学入試の指導を教育と言ってはばかることなく、若者を盲目的に、無批判に「戦場」ではなく「大学」へ送り出している日本の特に高校教育の有様に対して日本国民はおかしいとは思わないのだろうか?若者を責め、また慰めて解決できるような問題ではないのである。教育者は厳しい自己批判をすべきであるし、国民も若者が自律できる教育内容かどうかの厳しい目を日本の教育機関に対して向けるべきではないかと思う。

それでは、Good bye!